グラサンについて徹底攻略

オシャレだけじゃないグラサン

シミ対策のためのサングラス

シミができてしまうと一気に老け顔になってしまいますので、しっかりと対策をしたいところです。
その為に紫外線対策用のクリームなどを利用されている方も沢山いらっしゃいますが、しかしながらそういった対策方法だけでは不十分です。
その理由は目から紫外線が入った場合も、原因物質であるメラニン色素が増加してしまうからです。
紫外線を感じる事によって、脳からシミの原因になるメラニン色素を生成するように指令が出てしまいますので、それによって発生してしまう事があります。
その為、専用クリームを利用するだけの対策ではなく、他にもサングラスを活用する事も大切になります。
サングラスで目をガードしてあげればメラニン色素の生成を抑える事ができますので、紫外線対策として活用してみるのも良いのではないでしょうか。
因みにサングラスはただ単に色が濃ければ良い訳でもありません。
UVカットできるかどうかが重要ですので、機能性にも着目しながら選ぶ必要があります。

サングラスの選び方について

サングラスはどのようなものを選べばよいのでしょうか。最近ではファッションアイテムとして欠かせなくなっているので、デザインで選ぶという人も多いと思います。しかし、本来のまぶしさよけ、目の保護という意味では、紫外線カットがきちんとついている商品を選ぶべきでしょう。サンブラスについているタグなどでUV400と記載があれば安心でしょう。また、レンズカラーが濃くなればなるほど紫外線をより強力にカットしてくれるものが良いです。なぜなら、レンズカラーが濃くなると目の前が暗くなり、暗くてもよくものを見れるように瞳孔がより大きく開くため、紫外線を吸収しやすくなるからです。美容面からいうと紫外線は美肌の天敵といえます。しみやそばかすの原因となる紫外線ですが、しっかり日焼け止めを肌に塗っていても、目から入った紫外線がメラニンを生成するよう指令を出すため、目の紫外線予防も美肌の為には重要なのです。健康面からいうと、紫外線を長く浴びると白内障や黄斑変性症という目の疾患を起こしやすくなるといわれています。白内障とは、水晶体と呼ばれる目の中のレンズが白く濁り、ものがよく見えなくなる病気の事で、80歳以上では100%がかかるといわれています。この病気は手術をすることで見え方を改善することができます。黄斑変性症とは、目の中に入った光を映すスクリーンの役割をする部分が変質し、ものが歪んで見えるようになったり、失明したりする病気です。この病気に対しての治療法はありません。以上のようなことに注意し、サングラスを選んでみてはいかがでしょうか。


おすすめWEBサイト 5選


圧倒的な高価買取!


中古車の買取


Bepatchについて掲載しています


Bepatchについてご案内します


世田谷区の新築戸建てを紹介しています


世田谷区の新築戸建てのノウハウがあります


最終更新日:2020/10/21

COPYRIGHT(C) オシャレだけじゃないグラサン ALL RIGHT RESERVED